FC2ブログ

残念!SUBARU、WRC撤退! 



今回は、「本家」と共通エントリー・・・

昨日、既に予想記事が流れていたので驚かなかったけれど、やはりSUBARUがWRC(World Rally Championship)から撤退することが決まった。日本で唯一「ヨーロッパ的」発想で車を作っていたメーカーであり、「レオーネ」時代からコツコツと世界ラリーに挑戦してきたメーカーがここで撤退と言うのは、スバルユーザーとしても非常に悲しいけれど、これも時代の流れだろう。

つい先ごろも、ホンダがF1から撤退、昨日はスズキもWRC撤退のニュースが流れていた。

これについて、某所で「日本のメーカーは、苦しくても続けようと言うスタンスが無い。自動車文化が低い」などと書いている人を見たので、「じゃぁ、ランチアもそうなのか?」と問いただしたら、それを書いているうちに、「アルファロメオ・ジャガー・ポルシェ・ロータスなどもレースを撤退してますが、何か?」みたいな感じで次々カキコミされていて、ちょっと気の毒になっちゃいました(笑)

さて、僕は、別にSUBARUを擁護するつもりもなければ、やたらと金がかかる利権の塊になってしまったようなモータースポーツ界を批判するつもりもない。言いたいのは「そろそろ、ガソリンエンジンの時代は終わったんじゃないのか?」という想いだ。

僕は、ハイブリッドカーが出来た頃から「早く、電気自動車がガソリンエンジンと同等の動力性能を持ったスポーツカーになればいい」と思っていた。妙に未来的な格好なんてしている必要は無く、例えばGTRとかRX8の電気自動車版や、今なら水素エンジン自動車版が出れば絶対みんな買うし、ガソリン離れも加速度的に進むに違いない。

WRCだって、非力なマシンからGr-4>Gr-B>Gr-A>WRカーと進化してきたし、駆動形式だってFR>FF>4WDと進化してきたんだから、今は電気自動車・水素エンジン車が、重さとか航続距離とか価格とかで遅れをとっていても、WRCのレギュレーションの中で競い合っていけば直ぐに追いつくし、そこで優位性をアピールすれば、新車買い替えの需要喚起だってできるはず。

新車が売れないのは、不況も勿論あるけれど、ガソリン依存の危うさや環境保護へと理由がシフトしている時代なんだから、モータースポーツもいち早く変わるべきだと思う。

デルタ・再始動ならず、しかし・・・ 

いつもお世話になっている、主治医のKさんがお住まいの地域のお祭りで、「旧車展示を行うので、デルタを出品せよ」というお達しが出た。出来ればパレードにも参加せよ・・・という無茶ブリ。こちとら、かれこれ11ヶ月寝込んでいる、車齢17年のイタ車である。まして、バッテリーだってとうに上ってウンともスンとも言わない状態なのだ。

かくして、今日は午後から主治医が我が家にやってきて、取り敢えずの再始動を試みた。

バッテリーは、既にコフキイモ状態でパーフェクトに死んだ状態のため、主治医の工場から適当なバッテリーとブースターケーブルを持ち込んだ。オイルは下がりきっているはずなので、多少のオイルを回すのと作業しやすい場所への移動を兼ねて、5速に入れて数メーター押し出した。

死んだバッテリーは外し、生きたバッテリーをつないでキーをひねると、あの色彩豊かなインパネのワーーニングランプが点灯し、ここまではOKの様子。クランキングをすると、最初の2~3回は「ガチ」と言うだけで動かず、ちょっと悪い予感。

それでも数回クランキングするとセルモーターは元気に回りだしたが、まだ始動はしない。あまり連続でやるとバッテリーが上ってしまうので、一旦休憩。なぜか息子の自転車の練習を始めることに。工場からの帰り道に、自転車の話になって、まだ彼が自転車に乗れないことが分かったからだ。

団地の入り口にある少し勾配のある道で、足をつかずに下まで来い・・・という訳だが、怖がりの彼はなかなか足を上げたままに出来ない。暫らくしたら「疲れた」というので、こちらも一旦休憩し再びデルタに・・・

今度は、何回かに一度「ドゥルルル・・・」と始動しそうな音を立てるが、爆発が続かない模様。一回だけ、4~5秒廻ったが、あとはやはり始動しそうでしない。「ポンプが死んでるんじゃないか?」と疑いもしたが、マフラーから生ガスの臭いがしているので、ガソリンは行っているはずだ。

そのうち、フューエルポンプの方からラジオの雑音の様な「ザザザザ」という異音がし始めた。車検が切れて、「寝たきり」になる前にガソリンをギリギリまで消費しておいた(メーターは「E」だし・・・)ので、もしかしたら単なるガス欠かも?ということで、今日は作業終了。再び子供の自転車の練習へ。

何度もやっているうちに段々足をつかない距離が伸びてきたので、今度はペダルに足を乗せることを教えたが、ココでまた一苦労。片方を踏み込むことは出来ても、次のサイクルとして反対側を踏み込むことが「怖くて出来ない」のだそうだ。

それでも夕暮れ直前くらいには、勾配の上から下まで足をつかずに来れるようになったので、あと一息。まずは、ペダルを上死点より少し過ぎたところに止めて、「先ずココで足を乗せて思いっきり踏み込め」と教えて何回もやらせた。すると、一回、二回、とペダルを回すようになったと思うと、それから数回したら乗れるようになった!!

「よっしゃ、そのまま家まで帰れ」と言うことで、自宅前の路地の入り口まで来たところで嫁さんに「彼が自転車で帰るので、家の前に迎えに来い」と電話。そんなこんなで、彼の「初自転車」は、嫁さんがビデオで撮っておりました。

僕は気が短いので、子供がすぐグズリ出すとこちらも嫌気がさしてやめてしまうのだが、今回は主治医のKさんが彼を上手く煽てながらつきあってくれたので、なんとか今日中にモノにできました。感謝!主治医いわく「足をつかない練習の時はペダルを外してしまう方が、足を広げなくて良いからもっと早く乗れるようになったかもな」・・・との事。孫の時には参考にさせていただきます(笑)

デルタの再始動はならず、お祭りまでに仕切りなおしになりましたが、子供の自転車は始動という、プラスマイナスゼロ、か、少しプラスな一日でした・・・とさ。

新ショップで意気投合 

以前、アウトビアンキを駆る青年のエントリーで書いた彼(ココではH君としておきましょう)が行きつけのショップが、実は自分の家の町内であることが判明し、「是非遊びに来てくださいよ」というので、行ってきました。

このショップは、「高松でベンツを触らせたら右に出る所はない」と言われている某ショップで修行をした、僕と同年代の人がオーナー(これからはGさんと呼びましょう)で、それだけに話のツボが何となく合う様です。イタ車のパーツ入手で某関東のショップでは随分苦労された事も私と同じで、「(その某ショップは、)イタリア人よりイタリア人らしい」という結論でも結構意気投合しました(笑)

それになんと、Gさんのお子さんは私の上の娘と同じ小学校の同級生で、Gさんの上のお兄さんは、私の仕事の関係で一度面談したことがあるということが解かり二度ビックリ。

かといって、今までお世話になっている主治医からいきなり宗旨替えするわけにも行かないので、まぁ主治医とは知り合い同士ということですから、ぼちぼち両方とお付き合いさせていただこうと思います。

便乗値上げをぶっ飛ばせ! 

先日、土砂降りの夜に、出先でLegacyのバッテリーがお亡くなりになりました。記録では7年使っていたことになるし、「バッテリーが弱っていますよ」とは、2ヶ月ほど前にディーラーでオイル交換した時にいわれていたので、「突然死」と憤るよりも自分のメンテナンスの悪さを恥じるほかはなく、とりあえずJAFに入っていてヨカッタ・・・という場面でした。

さぁ、当面はデルタも稼動できるから良いとしても、バッテリーを早く交換しなくちゃ・・・ということですが、これがままならんのです。最近はガソリンも高騰していますが、諸原料費の高騰を口実に何でもかんでも値上げしていますな。小麦粉も高くなって、うどんも値上がりするし、今なら何を値上げしても「しゃ~ないな~」で済ましてもらえそうな雰囲気に、どこもかしこも便乗値上げです。

バッテリーも同じだった。6月に一旦値上げしたバッテリーは近日再び値上げするとあって、どこのショップでも品薄なのだとか。実際、近所のショップでは「\20000ネ、安いのはこの前まであったけど売れちゃった」というし、いきつけの車やさんで「メーカーは問わないので安く手に入りませんか?」と訊いても、上記の理由で「¥17000だって。今買わないとまた上るよ」なんていわれちゃった。「え~・・・ネットじゃ\10000そこそこであるのに!」と言うことで、今回ばかりは行きつけの車やさんに「ゴメンナサイ」を言ってしまった。

ところがドッコイ!勇んでネットで調べなおしてみると、確かに「在庫0」というショップが軒並み。少し焦ったけど、程なく楽天で「BOSCHのバッテリーが在庫あり」のショップが見つかり、調べてみたらなんと地元のショップだった!

ユーザーからの声も上々のようだし、早速日曜(9/30)の深夜にポチッたら翌朝8時過ぎには適合も調べてくれた上で「手配しました」のメール、そして夕方には「発送しました」のメール。で、今夜、家に帰ったら玄関に鎮座ましましているじゃないですか!!




ちなみに、Legacyのオリジナルバッテリーは75D23L。これが今回90D23Lへと容量アップして更に市価の半額。いや~、ネットのお店が信頼できるなら、リアルのお店で買うなんて事が馬鹿馬鹿しくなってしまうな~

オイル漏れとポジティブシンキング 

我が8Vも同じところからオイル漏れをしていたので、僕の中では100%の確率で、デルタはエンジンとミッションの合わせ目からオイル漏れを起こしている。

森林の朝露のように、褐色のオイルが見ている間もポタッポタッと落ちる様は決して気持ちがいいものではない。イタリア人みたく「オイルが入っている証拠さ!」なんて笑っていられるほどポジティブシンキングではないが、取りあえず床をこれ以上汚したくないのと「一体どれだけ洩れているのか」知りたくて、こんなものを買ってきました。




一週間や一ヶ月で一杯になったら、それこそ「笑いの種」にしてやる。