FC2ブログ

デルタ二号機不具合リスト 

これから10月に入るまでは忙しい時期が続くため、今はその準備期間として思いつくままに手を入れるべきところを列挙します。

不具合リスト(F)
1:左リアドアのノブ破損
2:エアコン不動
3:外気導入スイッチ不動
4:オートアンテナ不動
5:運転席パワーウィンドウ引っかかり
6:クラッチペダル異音
7:オイル漏れ(部位捜索中)

初期化リスト(S)
1:太すぎるタイヤの標準化
2:硬すぎる足回りの対策

長期課題リスト(P)
1:フロント・リアウィンドウ周りの小錆

070825現在
スポンサーサイト



レガシィにレギュラーを入れると・・・ 

ずいぶん、ご無沙汰してしまいました。夏場は車屋サンのヤードは、蚊が大量発生するので足を踏み込めないため、冬場を待っていましたらこんな時期になっていました。

さて、今回はデルタのことではなくレガシィの話。

知り合いが、「お金の節約のため、ハイオク仕様の三菱レグナムにレギュラーを入れるようにしている」と言う話を聴いたのが秋の事。「はじめはアクセル踏んだ瞬間に『ん?』って思うけど、慣れたら変わらないよ」と言うことだったので、僕も一度レガシィにレギュラーを入れてみることにしました。

まずはハイオク時に燃費を図ると、「自動ストップ方式」で8.4km/Lでした。そしてレギュラーを入れて走り出してみると、意外にスルスルと何もなかったように走り出します。加速も悪いわけではありません。ただアクセルは少し踏み気味になっている気がして、ガソリンの減り具合も、明らかに燃費が落ちているように見えます。

このレガシィは給油ランプがつくと大体50L(総量60L)になります。それがハイオクのときは400Kmは越していたけれど、レギュラーではどう考えてもそれは達成しそうにない勢いでした。そして、今日やっと給油ランプが点灯し、ガソリンスタンドへ・・・

燃費は、7.1km/Lでした。

さぁ、ここからが考えどころ。今、香川県のガソリンの価格は大体レギュラーが130円前後、ハイオクが140円前後です。50L給油すると、ガソリン代はレギュラーの場合6500円、ハイオクなら7000円と、500円の差です。ところが、同じ50Lで走れる距離はレギュラーの場合、355Km、ハイオクなら420kmです。その差65km・・・

レギュラーの燃費が7.1Km/Lなので、ハイオクと同じ距離を走るには、あと9.1Lのガソリンが必要です。9.1×130円=1183円。結果的には、「ハイオク仕様の車にレギュラーを入れてもお金の節約にはならない」と言うことが判明しました。つまりは、ガソリン代を節約したいなら、最初からレギュラー仕様の車に乗るのがいいと言うことですね。

でも、これ、レギュラー仕様の車にハイオクを入れると、もっと燃費が改善すると言うことなんだろうか?誰か実験しませんか?



なんだってー? 

Delta060525


ヤフオクで出ていた8Vの「競技車ベース車両」・・・コメント欄を見て目を剥いた。「フロントブレーキFC3S用に交換」!

あの貧弱なブレーキがRX7用のブレーキと交換できるんですか?こりゃ、調べる価値のある情報ですね。ポン付けは無理かもしれないけど・・・

FCにはFD用のキャリパーもそのままつくらしいですが、流石にそれは・・・ね。

ただ、FC3Sも最終型は92年と言う事で、車齢は一緒ぐらいなのでパーツ供給状況は似たようなものかもしれないけど、イタ車よりは遥かに見つけやすいでしょうから、これは朗報・・・かも?

20060528補足
何とGood Timing!、団地の下の車屋さんのヤードにFC3Sを発見。ホイルを見てみたら15インチだから、サイズ的には行けそう。でも、考えてみたら重要保安部品であるブレーキ、車検的には大丈夫なのか?